タンパク質を摂り栄養価の高い野菜を意識的に食べる

タンパク質を摂り栄養価の高い野菜を意識的に食べる

ダイエットを成功させるためには、何事も偏ってはいけません。食事を抜いたり運動を制限したりすれば、一時的には痩せたとしてもリバウンドなどの原因になります。

 

炭水化物は控えめにして、しっかりとタンパク質を摂り栄養価の高い野菜を意識的に食べるなど、栄養を考えた食事をした上で、適度な運動をすることで、リバウンドしにくい体質になれるでしょう。
ダイエットにあたりやってはいけないのは行き過ぎた食事の制限。食事の制限は元の食事に戻した途端間もなく体重は元に戻ってしまうし、この先も永遠に食事制限していくことを考えるとたまりませんよね。

 

この先甘いものは口にしない、なんて続くわけがないのですからやめましょう。
始めは中々好きになれないかもしれませんが、体を動かすのが何よりだと思います。水分補給にダイエットの期間は炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味などの柑橘系を飲むようにしてます。
野菜中心の食事にできるだけし、肉や魚も摂取しながら買い物に行き、手作りの料理をするように心掛けています。ダイエットに効く乳酸菌ドリンクやヨーグルトを摂取し、便秘しないように努力しています。

 

ウォーキングもしながら、できるだけ自分の足を使って体重が減るように工夫しています。

 

毎日体重測定をし、体重をノートに記録することでさらなるダイエットのモチベーションもあげるようにしています。

 

 

妊婦生活を初めて安定期に入った頃、つわりが消え、急に体重が増加しました。
この調子で体重が増えると、妊娠中に病気にかかると言われたので、ダイエットを開始しました。

 

 

 

実際にやったのは、食事の中身を見直したことだけでした。
これまではあまり制限無く食べていましたが、野菜中心の食事にし、間食もゼロカロリーのゼリーなど、満腹感は感じても摂取カロリーは低い内容に変更しました。内容を変えるだけで、満腹になるまで食べていますが、その後も体重は大きく増えていません。

 

 

ダイエットに必要なのは、腸内環境をきちんと整えることだと思われます。

 

つまり、食べたものをいつまで腸内へ留めておくと、それを分解、吸収使用とする作用が体にはあるようです。食事を取らなければ痩せますが、排便もなくなります。

 

食べることで摂れない栄養を腸内のものから取り込もうとするからだと思います。

 

 

ですから、腸内環境を整えスムーズな排泄が行われれば、労せずダイエットになるのではないかと思います。

 

 

 

ダイエットの効果をあげるために最初に行うべきことはまず、自分の身体で目に付く部分をリストアップし、この部分から変えていこうという順位をつけることが重要です。
あちこち一度に変えようとすると運動しなければならない量や方法が多くなり、三日坊主になりやすいです。まずは部位を絞り、その部位に合わせた運動法をしていくことをお勧めします。

 

 

部位を限定することでダイエットの効果が出やすく、達成したという感覚がつかみやすく、ダイエットを続けていく自信がついていきます。ダイエットするには、日常生活でお金をかけずに手間をかけてみるのはいかがでしょう。
例えば、床掃除をする際に、便利な道具を使うのではなく雑巾で掃除する。

 

 

 

それによって消費するカロリーが増えて、ダイエットの効果もあり、お金も浮いて一石二鳥です。

 

あくまでも無理せずに続けられるレベルでいいのですが、お金が節約できて消費カロリーが増えることを発見していくと、割と苦にならずにダイエットできるのではないでしょうか。

 

私は今ダイエットを、実行しています。以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが健康も損なったので今は運動と食事に配慮しています。今している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳びや筋トレを欠かさず行っています。

 

 

 

食事は普通の人の半分位にしています。

 

 

その他、体重だけ減っても心の状態が悪くなるといけないためヨガを行ってリラックスしています。

 

 

 

ちょっとした空腹時には何かを食べるよりは水分の補給をおススメします。本当は水分が足りていないだけなのに、空腹だと勘違いしてしまうことは多いでしょう。そんな時はコップ一杯の水を飲めば空腹感が消えて、ものを食べなくて済みます。
冬はお湯を飲んだり、お湯に生姜やレモンを混ぜたものでもいいでしょう。カフェインが入った飲み物は利尿作用で水分が失われてしまいますので、避けましょう。

 

ダイエットには、食べる量を抑えたり激しい運動をしないと考えがちですが、わずか3つのポイントを押さえるだけで痩せることができます。
一つ目は毎日同じタイミングで体重計に乗ること2点目は、毎日鏡で体の線を確認すること3.姿勢を正して過ごすことこの3つのポイントを押さえれば痩せることができます。

 

姿勢を正す際に気をつけるのは体をS字に反らさずに、真っ直ぐに維持することです。

関連ページ

運動と食事に気を付けています
運動と食事に気を付けています
軽めの朝ごはんとサラダを昼食にするよう
軽めの朝ごはんとサラダを昼食にするよう
夜8時を過ぎての食事は避ける
夜8時を過ぎての食事は避ける
正しくダイエットするコツ
正しくダイエットするコツ